第1274話

「あ、掛け持ち、ですか?、」

「うん、」

「なんか例えば、週5回出勤するとして、」

「あ、うん、」

「同じお店に、週5回も出勤すると、」

「うん、……………、」

「どうしても飽きられる、と、言うか、」

「あきられる、って?、」

「あ、お客さんに、です、」

「うーん、……………、」

「風俗は、お給料が歩合制だから、」

「あ、お仕事した分もらえるやつ、」

「はい、……、だから仕事が入らないと、」

「お給料も、ちょびっとなんだよね、」

「ですね、……………、ゼロもあり得ます、」

「ゼロはやだなぁ、…………………、」

「はい、ww、」

「それで、ふたつもやるの?、」

「ですね、………、お客さん目線で見ると、」

「うん、」

「お店に、毎日のようにいる女の子だと、」

「あ、うん、」

「次回でいいか、って思っちゃうと言うか、」

「んーー、どして?、」

「いつお店に来ても、その子がいるから、」

「あー、明日もいるでしょ、みたいな?、」

「そですね、ww、………、で、もし例えば、」

「うん、」

「週1回しか出勤しない子が、いたとして、」

「あ、うん、」

「たまたまその子が、空いてたとしたら、」

「週1だけの子をえらぶ、みたいな?、」

「はい、そですね、………、お客さんに、」

「ふーん、」

「そういう意識が、働くんです、」

「そっか、……………、」

「もちろん、本指のお客さん沢山持ってて、」

「うん、」

「全部、指名で埋まれば関係ないですけど、」

「そだね、ww、」









物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:17Comment(0)日記