第1277話

「いや、脱ぐんですけどね、結局、ww、」

「そだよね、ww、」

「水着とか、女子高生とか、…………、」

「女子高生の、制服ってこと?」

「はい、そです、制服のコスプレ、ww、」

「あ、莉緒も持ってた、ww、」

「え?、制服のコスプレを、ですか?」

「うん、」

「コスプレ、…………、好き、なんですか?」

「あ、違くて、ww、莉緒の高校、」

「あ、…………、はい、」

「制服なかったから、」

「あ、私服通学、」

「うん、……、でも、なんか制服着たくて、」

「あーー、なるほど、ww、」

「制服みたいなの買ったりしてたよ、」

「そうなんですね、ww、」

「通信の子は多いかも、買ってる子、」

「へーー、おもしろい、ww、」

「ドンキとかでだけど、ww、」

「あ、売ってますもんね、安いやつ、」

「うん、」

「登校日は、制服着る、みたいな、」

「うん、♡、」

「莉緒さんの、制服姿見たい、ww、」

「ほんものの制服じゃないけどね、」

「でも、見ためじゃ分からないですよ、」

「うん、」

「本物かどうかなんて、」

「うん、ぜんぜん分かんない、ww、」

「危険ですね、かなり、ww、」

「きけん!?」

「可愛い過ぎて、ww、」

「そんなことないけど、ww、」

「ナンパされまくり、ですね、ww、」

「んーーー、………………、ww、」

「あ、あたり、ですね、やっぱり、ww、」

「怖いから全部無視、だけどね、ww、」

「あたしはナンパすらされない、ww、」

「ぜったいウソ、めぐちゃん可愛いもん♡、」









物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:00Comment(0)日記

第1276話 高卒AV女優

「あ、莉緒さん、風俗知らないですもんね、」

「うん、ぜんぜん知らない、」

「えっと、本番がないくらい、ですかね、」

「ほんとのエッチはしないんだ、」

「はい、あたしのお店はヘルスなので、」

「へるす?、」

「はい、分類すると、そう呼ばれてます、」

「ふーん、………、」

「本番があるお店は、ソープ、ですね、」

「あ、それは知ってる、」

「聞いたことありますか?、」

「うん、おんなじ事務所の女優さんが、」

「あ、はい、」

「AV始める前に、やってたってゆってた、」

「あ、そうなんですね、」

「さっきゆった、仲良しのAV女優さん、」

「あ、なるほど、」

「めぐちゃんのお店は、違うんだ、」

「はい、そうなんです、」

「ふーん、……………………、」

「本番以外はなんでもありですけど、ww、」

「なんでも?、」

「キスとか、口でしたりとか、…………、」

「あーー、………………、そっか、」

「痛いのとか、そういうのはダメですけど、」

「痛いのとかは、絶対やだ、」

「いやですよね、さすがに、」

「うん、」

「禁止になってるはずです、」

「痴漢とかそういうのはあるってゆってた、」

「あ、ありますよ、ww、風俗にも、」

「痴漢、が?、」

「はい、痴漢プレイ、ww、」

「えーーー!」

「あたしのお店には、ないですけどね、」

「いろいろあるんだね、風俗って、」

「はい、いろいろありますね、ww、」

「なんか、大変だね、」

「コスプレとかも、ありますよ、ww、」

「コスプレして、するの?、」








物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:00Comment(0)日記