第1631話

「どして、ですか?」

「ちゃんと怒ってくれる人の方がいい、」

「あ、そういう意味ですね、」

「麻未、バカ過ぎだし、…………、」

「あたしもバカですよ、ww、」

「知らないことが、たくさんありすぎる、」

「はは、ww、」

「だから、ちゃんと怒ってくれる人がいい、」

「ふーん、……………、」

「怖い人はやだけど、怒ってくれる人、」

「なるほど、…………、」

「暴力はやだけど、」

「あ、それは絶対無理、ww、」

「いるじゃん、すぐぶったりしてくる男子、」

「いますね、ww、」

「そおゆうのはやだ、」

「みんな嫌ですよ、暴力は、」

「ちゃんと、ゆってくれる人、」

「はい、」

「ダメなことは、ダメって、」

「はい、…………、そですよね、」

「久我山さんは、」

「ちゃんと、怒ってくれるん、ですか?」

「うん、全部、そおゆうのゆってくれる、」

「ふーん、………、さすが、大人ですよね、」

「うん♡、」

「うちのお店って、………、あ、風俗の方の、」

「うん、」

「従業員が20代とか、若い人が多いから、」

「AVも、たぶんそおだよ、」

「働いてる女の子と年齢も近いんですよね、」

「そだよね、」

「そうするとなんか、友達感覚と言うか、」

「うん、」

「なあなあに、なっちゃうんですよね、」

「なーなー?、」

「えっと、てきとう、と言うか、」

「いいかげん、みたいな?、」

「あ、そうですね、悪い方の意味の、」

「うん、」







物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:00Comment(0)日記

第1630話 高卒AV女優

「さすが、大人ですね、」

「うん、」

「最近は、気にしない人多いですけどね、」

「ふーん、…………、」

「うちの彼氏なんて、ひどいですからね、」

「そなの?、」

「家でも外でも、スマホが命、ww、」

「はは、ww、」

「あたしとご飯食べてる時もお構いなし、」

「メールしたりってこと?、」

「はい、……………、まぁ、」

「うん?、」

「お客さんとの連絡だから、」

「あ、うん、」

「仕方ないと言えば仕方ないんですけどね、」

「ずっとしてるの?、」

「始まったら、なかなか終わらない、ww、」

「めぐちゃんは、怒らないの?、」

「んーー、…………、あんまり、」

「えーーー、……………、」

「と言うか、あたしが怒ると、」

「うん、」

「普通に逆ギレされちゃうし、…………、」

「えーー、………、やだね、」

「言い合いになっちゃうから、我慢してる、」

「いつもめぐちゃんが我慢なの?、」

「最近は、ww、」

「そおなんだ、…………、」

「彼氏は、これも仕事だって言い張るし、」

「そっか、」

「そう言われると、…………、」

「うん、」

「あたしも、何も言えないし、」

「うーん、…………、」

「毎回、ケンカになるのも面倒ですしね、」

「まぁ、それはやだけど、…………、」

「あたしが、気にし過ぎなのかな?、とか、」

「うーん、…………、」

「そういうふうにも、思う時もあって、」

「麻未は、怒ってくれる人の方がいいかな、」








物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:00Comment(0)日記