第1269話

「あると思うんです、言わないだけで、」

「めぐちゃん、も?、」

「嫌いだったら出来ないですよ、ww、」

「そか、ww、」

「だからなんか、いちばん辛いのは、」

「うん、」

「仕事そのものよりも、むしろ、」

「うん、」

「仕事のことを、……………、誰にも、」

「うん、」

「話せないことなのかなって、……………、」

「そっか、………………、」

「話せないし、相談も出来ない、…………、」

「うん、莉緒も、出来ないもん、」

「だから、そういう意味でも、」

「うん、」

「近くに仕事のこと話せる人がいるのって、」

「莉緒だったら、久我山さん、」

「そですよね、風俗だったら従業員さん、」

「うん、」

「なんかやっぱり、大事かなって、」

「そだね、」

「ちゃんと、聞いてくれる人、ww、」

「てきとうな人はやだ、」

「はい、話したくなくなります、ww、」

「うん、」

「なんか別に仕事内容に直接関係なくても、」

「あ、うん、」

「さっきのお客さんどうだった、とか、」

「うん、」

「なんかそういう雑談でもいいんです、」

「うん、」

「従業員さんならお店のこと分かってるし、」

「うん、そだよね、」

「ちゃんとした従業員さんなら、」

「うん、」

「仕事のアドバイスしたりしてくれるので、」

「うん、だいじかも、」

「話せないストレスため込んだり、」

「うんうん、」









物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む

この記事へのコメント