第1267話

「はい、コロコロしたりとか、ww、」

「女の子は、おそうじしなくていいの?」

「なんか、そんな感じです、ww、」

「ふーん、……………、」

「自分で出したゴミとかは片付けますけど、」

「うん、」

「喫煙室の灰皿はすぐいっぱいになるし、」

「めぐちゃんは吸わないけどね、」

「はい、ww、マンガは散乱してるし、」

「散乱?」

「一応、カラーボックスあるんですけど、」

「あ、しまうとこ、」

「はい、みんな読んだらそのままなので、」

「はは、ww、」

「片付け役は、従業員さんです、ww、」

「そか、ww、」

「だから、その従業員さんの日は、」

「うん、」

「待機室がいつも綺麗なんです、」

「きれいじゃない日もあるの?」

「その従業員さんが、お休みの日、ww、」

「あーーー、…………………、」

「人によって、やっぱり差があります、」

「みんなそうだったらいいのにね、」

「そですよね、ww、」

「ちゃんとしてる人の方が安心、♡」

「はい、」

「あと、やさしい人、」

「はい、………、だからその従業員さんは、」

「うん、」

「どの女の子からも、すごい信頼されてる、」

「ふーん、」

「話もちゃんと最後まで聞いてくれるから、」

「大事だよね、そおゆうの、」

「はい、他の従業員さんとは話さなくても、」

「うん、」

「その人とだけは話す子とか、いますもん、」

「ふーん、……………、」

「最近少し、思うようになったんですけど、」

「うん?」









物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む

この記事へのコメント