第1100話

「生活費のために始めたのが、ヘアメで、」

「うん、」

「でも、……、それで、キャバ嬢さんとか、」

「あ、うん、」

「ホストの男の子と話す機会が出来て、」

「そだよね、」

「今まで全く関わりなかった夜の世界と、」

「夜の世界、ww、」

「はい、ww、………、関わるようななって、」

「うん、」

「今では自分も美容と風俗やってて、ww、」

「すごいね、♡」

「すごいかどうかは分かんないですけど、」

「、…………………、」

「でも、それで、」

「あ、うん、」













物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む

この記事へのコメント