第366話

AV女優という仕事は、

誰かに「説得」されてやるものではない。
誰かに「口説かれて」やるものでもない。

麻未自身が自分で決めることだ。

マネージャーが出来ることは、
傍に寄り添い、話しを聞き、
愚痴や悩みの相談相手になり、

最後にそっと、
背中を押してあげることだけだ。

撮られることの性的興奮に目覚めた。

カメラの前に立つ快感を知ってしまった。

AV女優を続ける理由はさまざまだが、
強要されて続ける仕事ではないことは確かだ。

この記事へのコメント