第1627話

「マネージャーさんと、女優さんて、」

「分かんない、」

「特に、AV女優さんとかになると、」

「うん?、」

「ちゃんと、信頼し合えて、」

「あ、…………、うん、」

「何でも相談出来る関係じゃないと、………、」

「まぁ、…………、そかな、」

「お互い気を使う関係だと、」

「うん、」

「なんか、遠慮しちゃいますからね、」

「それはあるかな、」

「なんでも聞けるような関係じゃないと、」

「うん、お話し色々聞いてくれるよ、」






〈どした?、〉





二人がそんな話をしているうちに、

マネージャーの久我山からの返信が、

麻未のスマホに飛び込んできた。





「あ、お返事きた♡、」

「早い、ww、」

「ね、早いでしょ?、」

「さすがです、ww、」

〈聞きたいことが、あるんだけど、〉

〈うん、いいよ、〉

〈お仕事中?、今、〉

〈今日は休みだよ、〉





麻未は、

早速久我山にLINEを送り始めた。





〈久我山さんて、今何歳?、〉

〈え、どしたの急に、〉

〈あ、ww、聞いちゃだめだった?、〉

〈別にいいけど、46だよ、〉

〈ふーーん、……………、〉

〈なに?、…………、ふーーん、て、〉

〈そおなんだ、って思っただけだよ、〉

〈そか、〉







物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:18Comment(0)日記