第1620話

「まぁ、…………、そだね、」

「だって、勇気いりますよね?、やっぱり、」

「うーん、…………、」

「そんなことなかったですか?、」

「麻未は、そおでもなかったかな、ww、」

「決心してたからですか?、やるって、」

「とりあえずは、聞いてみよっかなって、」

「えーー、…………、すごい、」

「実際、どうゆう感じなのかも知らないし、」

「まぁ、そですけどね、…………、」

「無理ってゆわれたら、おしまいだし、」

「たしかに、…………、」

「うまくいく自信もなかったけど、」

「分からないからこそ、聞いてみようって、」

「うん、そんな感じ、かな、」

「はじめは、なんて聞いたんですか?、」

「普通に、AV女優やりたいです、って、」

「はは、ww、直球ですね、ww、」

「うーん、それしか思いつかなかったから、」

「返事は、なんて来たんですか?、」

「何歳ですか?、みたいな、」

「やっぱ、そこなんですね、」

「すぐに返事がきたのは、2こだけだった、」

「いくつ問い合わせしたんですか?、」

「3こ、かな?、覚えてないけど、ww、」

「あ、じゃあ返事がきたのは全部じゃなかったんですね、」

「あ、すぐに来たのはね、」

「そのひとつが、今の事務所ですか?、」

「うん、そだよ、」

「なるほどーー、…………、」

「1この方は、高校生はできません、だけ、」

「けっこう冷たい、ww、」

「うん、そだね、ww、」

「今の事務所の返事は丁寧だったんですね、」

「なんか、グラビアのことゆわれて、」

「あ、グラビアなら出来ますよ、って、」

「うん、」

「それで、お話ししますか?、みたいな?、」

「うん、グラビアの話だけなら出来るって、」

「事務所側が、ですか?、」







物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:12Comment(0)日記