第1619話

「なにお?、」

「あ、今の、事務所、」

「あーー、……………、なんとなく、」

「自分で、メールしたんですよね?、」

「うん、」

「事務所のホームページから、ですか?、」

「うん、そだよ、」

「ネットでAV事務所を探して、」

「うん、パソコンは使えたからね、」

「でも、たくさんありません?事務所って、」

「いっぱいあった、ww、」

「メールの対応で、決めたんでしたっけ?、」

「うん、やさしかったとこ、」

「丁寧で、きちんとした感じの、…………、」

「うん、そんな感じ、」

「丁寧じゃない事務所もあるんですか?、」

「うん、あったよ、」

「そんなもんなんですね、…………、」

「どして?、」

「いや、なんか、問い合わせとかきたら、」

「うん、」

「飛び付いてくるのかな、と思ったので、」

「そおでもなかったよ、返事遅かったり、」

「あ、はい、」

「返事が来ないとこもあったし、」

「そうなんですか?、」
 
「初めてメールした時、卒業前だったから、」

「あ、まだAV出来なない年齢で、」

「うん、それで無視されたのかも、」

「返事ぐらい欲しいですよね、それでも、」

「そだよね、ww、」

「今の事務所の対応は、良かったんですね、」

「うん、いろいろ説明してくれた、」

「やっぱ、あたりはずれあるんですね、」

「あたりはずれ?、」

「AV事務所にも、いい悪いが、ある、」

「そかな、メールだけだけどね、」

「でも、それが大事ですよね、ww、」

「うん、ww、」

「勇気を振り絞ってメールしてるんだから、」







物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:14Comment(0)日記