第1616話

「そこまで、してくれるんですね、」

「お金持ってる人は、してくれるみたい、」

「で、実際やるんですか?、卒業したら、」

「AV?、」

「はい、」

「しない、みたい、ww、」

「あーーー、……………、」

「ずるいよね、ww、」

「あくまで、利用しちゃうわけですね、か

「そーーかな、…………、」

「スカウトマンを騙(だま)しちゃうんだ、」

「結果的には、そおだよね、」

「……………、」

「麻未はやってないからね、そおゆうのは、」

「はい、ww、」

「でもなんか、そおゆう、……………、」

「あ、はい、」

「まわりが、そんな感じだったから、」

「はい、」

「"単体なれるよ"ってゆわれた、とか、」

「あ、スカウトから言われた、みたいな、」

「うん、」

「"毎月いくら稼げるよ"、みたいな、ww、」

「そそ、ww、そおゆうのは、」

「はい、」

「なんとなく普段から、耳にはしてたかな、」

「ふーん、…………、」

「だから、抵抗は、なかったかもしれない、」

「AVとか、AV女優に対する、」

「うん、日常会話で耳にしてたから、」

「やっぱり、環境って大きいですよね、」

「環境?、」

「自分が置かれた、環境、」

「まぁ、それはあるかも、」

「あたしの通ってた高校とは違いますもん、」

「ほんとに暇だった、ww、通信は、」

「ふーん、………、」




めぐみは、思わず麻未の顔を、

まじまじと見つめてしまった。







物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:25Comment(0)日記