第1614話

「なんか、すごいですね、ww、」

「そおゆう、女の子はいたよ、」

「AV女優の、卵、かぁ、…………、」

「なんかね、だいたい分かるみたい、」

「何が、ですか?、」

「どれがスカウトさんとか、そおゆうのも、」

「はは、ww、毎日同じとこ立ってるから、」

「うん、で、わざと立ってるとこを通る、」

「こわいこわい、ww、」

「そおすると、だいたい声かけられるから、」

「決まってるらしいですからね、場所も、」

「そなの?、」

「彼氏情報だと、ww、」

「あーー、…………、」

「ホストも、キャッチしに外出るときは、」

「うん、」

「どのへんでやるとか、決まりがあるって、」

「ふーん、………、」

「渋谷だと、どのへんにいるんですかね?、」

「スカウトさん?、」

「はい、」

「麻未はそこまでは分かんない、ww、」

「ですよね、ww、」

「うん、麻未がしてたわけじゃないし、」

「やっぱ、センター街とか、なんですかね、」

「うーん、………、でもね、鉄板だよ、って、」

「鉄板?、」

「うん、………、AVやりたい、ってゆうと、」

「絶対ちやほやしてくれる、みたいな?、」

「うん、」

「はーーー、……………、びっくりです、」

「で、可愛い子とかは、」

「あ、はい、」

「そおゆうスカウトさんを、卒業まで、」

「あ、はい、」

「ずっと、とっとくんだって、」

「あ、キープしておく、ww、」

「うん、……………、しかも、何人も、」

「女子高生、恐るべし、ですね、ww、」

「通信の子、だけだと思うけどね、ww、」







物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:24Comment(0)日記