第1258話

「連絡先の交換、するみたいなんです、」

「おもしろいね、ww、」

「それで、彼氏が送りすることになって、」

「うん、」

「いつもの流れで、連絡先の交換して、」

「うん、」

「それっきりの女の子もいるんですけど、」

「そなの?」

「交換はするけど連絡はしない、みたいな、」

「やっぱやだ、みたいな?」

「ですね、その場の雰囲気で交換したけど、」

「うん、…………、」

「冷静に考えて、やっぱり辞めよう、とか、」

「そっか、……………、」

「それで、その子とはちゃんと連絡取れて、」

「うん、」

「お店に通うようになったんですけど、」

「彼氏さんに会うために?」

「あ、そですね、ww、彼氏指名で、」

「ふーん、………………、」

「それで、高校3年生って誕生日早い子は、」

「早生まれってこと?」

「あ、えっと、違くて、………………、」

「4月とか、5月とか?」

「あ、はい、そうです、そういう子は、」

「うん、」

「高3になってすぐ18歳になりますよね?」

「あ、そだね、うん、」

「で、その子の身分証が、」

「うん、」

「免許証だったみたいなんです、」

「あ、車の免許?」

「あ、はい、…………、そですね、」

「通信だと、免許取りやすい、ww、」

「らしいですよね、」

「学校行く日が少ないから、ね、」

「週1回とかでしたっけ?」

「うん、莉緒の行ってた学校は、……………、」

「それでその子、……………、」

「うん、」









物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:19Comment(0)日記