第1241話

「あ、はい、……………、」

「そんな離れてないと思うけど、………、」

「7こ違いですからね、」

「うーん、……………、」

「なんか、……………………、」

「うん?」

「19と26って、同じ7こ違いでも、」

「あ、うん、」

「例えば、21と28とかよりも、」

「うん、」

「なんか、すごい離れて感じる、」

「そかな?」

「未成年と、アラサー、みたいな、ww、」

「あらさー、って、なんだっけ?」

「アラウンド・サーティ、」

「えーご?」

「だいたい30歳、みたいな、ww、」

「えーー、……………、」

「四捨五入したら、30歳、ww、」

「めぐちゃん全然30とかに見えないよ、」

「でも数字上はそうなのかな、みたいな、」

「うーん、………………、」

「ま、でもなんか、そういう、………、」

「あ、うん、」

「年齢のこととか、そういうの考えると、」

「うん、」

「これも営業トークなのかな?、みたいな、」

「うん、…………………、」

「そういう、不安はいつもあるんですけど、」

「うん、」

「ホストの彼を受け入れたのはあたしだし、」

「えっちしたってこと?」

「そっちの受け入れじゃなくて、ww、」

「なんかさっき、女の子は、………、」

「入れられる側、みたいな、ww、」

「うん、」

「そっちじゃなくて、」

「え?えっちはしてないの?、彼氏さんと、」

「それも、………………、違います、ww、」

「そだよね、…………、するよね、」













物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:06Comment(0)日記