第1238話

「だからそれを日本人全体って考えた時に、」

「うん、……………、」

「その、全体のまとまりとしての、」

「あ、日本人ぜんたいの、せいかく?」

「あ、そんな感じです、ww、」

「うんうん、」

「それが、日本人の場合は、」

「あんまり、ゆわない、みたいな、」

「あ、そです、」

「なんとなく、わかった、♡」

「なのであんまり、彼氏彼女同士とかでも、」

「好き、とかは、あんまりゆわない、」

「はい、そういうのあると思うんですけど、」

「そおかも、…………、」

「でも、それが、うちの彼氏の場合は、」

「うん、」

「きちんと、言ってくれる、と言うか、」

「ふーん、………………、」

「しかも、普通にサラっと言うんですよね、」

「さらっと?」

「んーー、……………、なんて言うんだろ、」

「うん、」

「さっきの海外ドラマじゃないですけど、」

「あ、ふつうに、」

「そです!」

「うんうん、」

「普段の会話の中で、ふと言う、みたいな、」

「自然なかんじ、」

「はい、そんな感じ、です、」

「いーなー、♡」

「女の子って、………………、」

「うん?」

「みんな、確認したがるじゃないですか?」

「かくにん?」

「関係とか、…………、そういうの、です、」

「ん?」

「あたしって、なんなの、みたいな、」

「あーー、………………、」

「ちゃんと言って欲しい時もあると言うか、」

「あ、うん、」















物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:24Comment(0)日記