第1237話

「国民性って言ったら、それまでですけど、」

「こくみんせい?」

「なんだろ、日本人の、気質?、傾向?」

「、…………………、」

「うーん、日本人全体の習性?みたいな、」

「あーー、ちょびっとわかった、ww、」

「えっと、なんだろ、………、たとえば、」

「うん、」

「海外の映画とか、ドラマとかって、」

「あ、うん、」

「普段の会話の中に、ごく普通に、」

「うん、」

「愛してる(I love you)とかのセリフ、」

「うんうん、」

「たくさん、出てくるじゃないですか?」

「あーー、…………、そおかも、」

「そういうのもたぶん、国民性の現れで、」

「ふーん、………………、」

「言葉にして伝えるのが普通、みたいな、」

「うん、」

「それに比べて、日本人は、」

「うん、」

「言葉にするのが、苦手?、みたいな、」

「日本人が、ダメってこと?」

「あ、ダメとかそういうのじゃなくて、」

「うん、」

「えっと、性格もそれぞれ違うのと同じで、」

「あーー、うん、」

「たとえば、おしゃべりな性格の子と、」

「うん、」

「おとなしい性格の子がいたとして、」

「あ、うん、」

「それって、どっちの性格がダメ、とか、」

「あーー、…………、ないね、」

「ですよね、どっちの性格にも、」

「うん、」

「いい所と悪いとこ所があって、」

「うん、」

「いい所も悪い所もあるのが人間だし、」

「そっか、」















物語のあらすじ


とうじょうじんぶつ


第1話から読む
posted by m☆ at 19:19Comment(0)日記